CATEGORY

植物・ハーブ・精油

スパイスハーブ界の優等生 フェンネル

フェンネルはスパイスハーブ界の優等生とも呼ばれており、葉、茎、種、花と余すところなく世界中で使われている植物で、栽培の歴史が最も古い植物といわれています。 フェンネルはセリ科ウイキョウ属の多年草でどこにでも生えている野草で誰でも手に入れることが出来る身近なものとして利用されていました。 日本には中国を経由してきたといわれています。 原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸といわれ、 背が高く1~2mまで伸 […]

ダマスカスローズのオーガニックアロマ石けん

植物由来の香りがこんなにも広がるオーガニックアロマ石けんであなたのライフスタイルをより一層豊かに オリーブオイルやココナッツオイルなど植物由来のオーガニックオイルを8種類使用。 プラリア精油やローズパウダーなど天然由来のオイルや素材を6種類配合。 アロマオイルの効果がたくさん入ったこの石けんは女性を魅力的にします。 濃厚な香りのダマスクローズと爽やかな香りのスパイクラベンダーがブレンドされた石けん […]

ジャスミンの香りを形成する酢酸ベンジルとその効果

世界中で愛されているジャスミンは、古代エジプトの世界三大美女の一人であるクレオパトラが愛した花であるともいわれており、そのジャスミンの香りでローマ帝国の将軍を魅惑した香りなんていう逸話も残されるほどジャスミンの香りはエキゾチックで香り豊かで陶酔感のある甘い花の香りです。 このジャスミンの精油の抽出部位は、はやり「花」の部分です。 溶剤抽出法(アブソリュート)で精油を抽出します。 ジャスミンの芳香の […]

サンダルウッドの効果と香りを形成するサンタロール

お香を連想させる落ち着いた甘さと深みのあるエキゾチックなスモーキーな香りをもつサンダルウッド。 アーユルヴェーダ医学では薬草としてよく使用されている植物で、 主にアジアでは木材は家具や建材に使用され、 香りは仏教やインドのヒンドゥー教の寺院で焚かれていました。 また、日本では香道としても欠かせない植物でした。 サンダルウッドの優しい落ち着いた深みのあるムスクのような香りには邪気を払う効果があると信 […]

ラベンダーの効能と活用法

世界中で栽培されている人気のハーブで多くの人々に親しまれているラベンダーですが、万能ハーブとして日常のさまざまなシーンで古代から利用されています。 ラバンドラ属は、様々な効能が期待されており、 酢酸リナリルやリナロールが主成分で、鎮静、安眠、緊張をほぐしてリラックスしたい時に適した香りです。 なのでラベンダーの最大の特徴として、就寝前にラベンダーティーを飲んだり香りを嗅ぐことで緊張がほぐれるように […]

ラベンダーの種類について

紫色の鮮やかな花と少しスッとしたハーバルな香りが特徴のラベンダー。 ラベンダーの香りにはリラックス効果があるということで多くの人に広く知れ渡っているハーブではないでしょうか。 ラベンダーを利用した製品も多くアロマオイルやハーブティーなどでも必ずラインナップに入るハーブです。 ハーブの代表ともいえるラベンダーとはどのような植物なのかご紹介したいと思います。 ラベンダーは地中海沿岸沿い原産のシソ科ラバ […]

「神が宿る花」ともいわれるプルメリア(フランジパニ)

フランジパニという花をご存知ですか? この名前ではピンと来ないかもしれませんが、 実はハワイのハイビスカスと並んで愛されいる “プルメリア”と同じインドソケイ属の花樹です。 フランジパニ(フランジュパニ)という呼び名は、 インドやインドネシア、中南米、オーストラリアなどで親しまれています。 よくハワイなど南国を代表する花としてイラストなどのモチーフになることが多いお花。 ま […]

ココナッツパウダーとココナッツミルク

南の島に生息するヤシ科ココヤシ属の単子葉植物のココヤシという高木に実る果実のココナッツ(ヤシの実)の中には、 胚乳という白い部分が熟し固まることで削ることが出来るようになるので、 固まった胚乳を煮込んで裏ごしし、 ココナッツミルクとなった水分を蒸発させ、 粉末にしたものがココナッツパウダーとなります。 ココナッツの胚乳はココナッツオイルの原料ともなります。 ココヤシの学名は、Cocos nucif […]

健康と美しさをサポートするココナッツパウダー

ココナッツは、ヤシの実の胚乳から採れます。 ココナッツは捨てるところがないといわれるほど様々な製品になっています。 ココナッツウォーターは、未成熟のココナッツの胚乳部に溜まった水分で、 ほんのり甘みを感じることができます。 多くの電解質やミネラルが含まれており、特にカリウムが多いことから 高血圧の防止やむくみの解消に効果があります。 人間の体液とほぼ同じ浸透圧のため、飲む点滴ともいわれています。 […]

炭の燃焼温度で効果も変わる!?黒炭と白炭

前回に引き続き、さらに竹炭の黒炭と白炭のそれぞれの特徴をご紹介します。 低温で焼いた黒炭の場合、多孔質であることから、 汗などに含まれるアンモニアのようなアルカリ性物質をよく吸着するため、 黒炭は消臭剤に向いてるといえます。 ガーデニングにも低温で燃やす黒炭が向いています。 もともと竹にはカリウムとケイ酸が豊富な植物です。 ケイ酸は葉や茎を丈夫にし光合成を促進させる効果があります。 なぜ低温がいい […]

>Japan Qualityを愛する全ての人へ

Japan Qualityを愛する全ての人へ

私達のフレグランスソープは、
素材を充分に生かしたハーブの香りを持っています。
この衝撃は他のプロダクトでは味わえないほど。
まるで沢山の花を浴びるような 素晴らしいリラックス感は、
あなたのバスタイムを一層豊かにすることでしょう。

CTR IMG