甘い清々しい香りのインディアンコークツリー

コークツリーはインディアンコークツリーもしくはジャスミンツリーと呼ばれる常緑樹です。
主な産地はタイやミャンマー、インドなど熱帯地域で栽培されています。
ノウゼンカヅラ科で、
学名は、Millingtonia hortensis
タイ語ではピープ、
英語ではインディアンコークツリー、ジャスミンツリー
という名で呼ばれます。
夏に純白の小さな可愛らしい花を咲かせます。
ジャスミンの甘い香りに清々しさを合わせた
香りを放つため、
リゾートホテルではウェルカムフラワーとしても
使われる花です。
夕刻になると芳香を放ち、朝になると花を落とします。
花は儀式にも使用され優れた抗菌性を持っています。
花が落ちるとコークツリーの木の下には無数の小さな星を散りばめたような
美しい光景が見られます。
コークツリーは昔から樹皮、花、葉、根などそれぞれの部位を使っていました。
樹皮は明るい茶褐色で代替品のコルクとして使われることもありますが、
主に染料として繊維を染色します。
花はアロマオイルに、葉の抽出物は民間療法として薬用にも使われます。
花芽は喘息や滋養剤、防腐剤にも使われます。
花には配糖体が含まれています。
花には抗酸化作用と肝保護作用の働きがあるなど、
様々な植物の効能が期待できる植物です。
植物の力を借りて日常を健やかに過ごしたいですね
>Japan Qualityを愛する全ての人へ

Japan Qualityを愛する全ての人へ

私達のフレグランスソープは、
素材を充分に生かしたハーブの香りを持っています。
この衝撃は他のプロダクトでは味わえないほど。
まるで沢山の花を浴びるような 素晴らしいリラックス感は、
あなたのバスタイムを一層豊かにすることでしょう。

CTR IMG