ラベンダーの効能と活用法

世界中で栽培されている人気のハーブで多くの人々に親しまれているラベンダーですが、万能ハーブとして日常のさまざまなシーンで古代から利用されています。

ラバンドラ属は、様々な効能が期待されており、
酢酸リナリルやリナロールが主成分で、鎮静、安眠、緊張をほぐしてリラックスしたい時に適した香りです。
なのでラベンダーの最大の特徴として、就寝前にラベンダーティーを飲んだり香りを嗅ぐことで緊張がほぐれるようにサポートしてくれるためよく眠れるハーブとして知られています。

また、ラベンダーには抗菌・殺菌作用があり、防虫にも効果が期待できるといわれています。
中世ローマではラベンダーの花を部屋の中に吊るして、蚊帳は絵が寄り付かないように使用していたそうです。
このハーブには消炎作用もあり、皮膚の炎症を鎮めるといわれており、
その香りと効能でスキンケアにも利用されています。

それらの効能を活かし、ポプリの材料やハーブティー、料理の風味付け、鉢植えや園芸などの観賞用にも利用されてきました。

ギリシャ人はラベンダーをシリアの都市ナールダからとって「ナルド」と呼んでいました。
スパイクラベンダーは、最も高価な香料の一つである甘松香(スパイクナルド)と混同されて重宝されていました。

ラベンダーのアロマオイルは、局所的であれば直接縫ってケアすることが可能です。
肌トラブルへの対策としてニキビや湿疹、虫刺されやかすり傷、軽度の火傷などに塗ることができます。

また、アロマオイルをお風呂に数滴垂らして楽しむ“沐浴法”があります。

入浴の効果にアロマオイルの効果が加わることで相乗効果が期待できますので、
ラベンダーの成分を肌に触れさせたり、鼻や口から吸い込んで香りを楽しむことが出来る“吸入法”も行えるのでバスタイムでリラックス効果が期待できます。

ラベンダーは、生花のままでも比較的香りが強い爽やかな甘さのあるフローラルでハーバルな香りが特徴です。

世界中で愛されているハーブなだけにたくさんのラベンダーのオイルがありますが、その分香りも実は様々でメーカーによって違いがあります。

お好きな方は、チャレンジして自分好みの香りを見つけてアロマライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

HANDMADE BAR SOAP ~Lavender~

>Japan Qualityを愛する全ての人へ

Japan Qualityを愛する全ての人へ

私達のフレグランスソープは、
素材を充分に生かしたハーブの香りを持っています。
この衝撃は他のプロダクトでは味わえないほど。
まるで沢山の花を浴びるような 素晴らしいリラックス感は、
あなたのバスタイムを一層豊かにすることでしょう。

CTR IMG