ノスタルジー香るオスマンサスという花

日本では

秋の時期に道を歩くと
庭木や街路樹から風に乗って
アプリコットのような
甘い香りがすることがありますよね。
 
これは秋の風物詩のひとつでもある
キンモクセイ(金木犀)の香りです。
 
日本には
四季によってさまざまな植物が楽しめるから
いいなと思います。
 
そんな金木犀という植物についてご紹介したいと思います。
 
【フルーティーな甘く強い香りが特徴の金木犀について】
 
キンモクセイ(金木犀)は、
別名オスマンサスとも呼ばれる
モクセイ科モクセイ属の常緑小高木樹です。
 
キンモクセイの学名は、Osmanthus fragransです。
 
中国では、桂花と呼びます。
 
ただのモクセイと称される場合は、
ギンモクセイ(銀木犀)を指すことが多いそうです。
 
キンモクセイは
樹高が5~8mにまで育ち、
開花時期は9下旬~10月頃で、
5mm程度の無数の小さなオレンジ色の花を咲かせます。
 
花からは強い芳香を放つため、
中国ではキンモクセイは千里先まで届く香り
といわれています。
 
その為、昔から香水の原料に使われていました。
 
キンモクセイは、「三大香木」としても数えられています。
 
三大香木は、
香りの強い花をつける3つの樹木のことをいいます。
春はジンチョウゲ(沈丁花)、
夏はクチナシ(梔子)、
秋はキンモクセイです。
 
日本でもお馴染みのこの金木犀ですが、
実は原産地は中国の南部とされていて、
旧正月に月餅にナッツとキンモクセイを混ぜて食べたり、
お茶にして飲んだり、
桂花酒という酒にしたりと
中国の食文化の特徴のひとつでもあります。
 
キンモクセイの花からは
溶剤抽出法(アブソリュート)で精油が採れます。
 
ただ、
その香りは私たちが道端で歩いているときに香る
あの甘い香りではなく、
精油の凝縮された香りは
よりウッディーでその中に
少しあのキンモクセイの甘さが残ったような香り
ともいわれています。
 
なので、
薄めて使うと、
甘く深い香りになるともいわれています。
 
しかし、
他の精油は
高価でも一般でも手に入れることが出来るかと思いますが、キンモクセイの精油は
それに比べてほぼ店頭などで
見た記憶がないかと思います。
 
というのも、
ちゃんと抽出されたキンモクセイの精油も
他の花のアブソリュートと同じように大変高価で、
流通量が少ないため
単体の100%エッセンシャルオイルを見つけることが
困難なようです。
 
販売していても数mlという量。。。
 
天然香料のキンモクセイは
500gで約3000ドルという値がつけられるほどで、
最も高価な香料ともいわれています。
 
ただし、
無水エタノールに
キンモクセイの花を漬けて
2~3か月密閉しておくと
香料を作ることもできるそうなので、
キンモクセイの花を収穫できる方は
是非チャレンジしてみてください。
 
私は一度枯らしてしまったので、
再度チャレンジしてみたいと思います。
 
あの道ばたから香ってくる
あの独特で甘い香りのする小さな花が
無数に地面に落ちるさまに
秋のノスタルジーを感じるのかもしれませんね。
 
そんな希少な精油が
実はこちらの石鹸に配合されていますので、
是非チェックしてみてください♪

HANDMADE BAR SOAP ~Cork Tree~

この石鹸は珍しい花々のオイルがブレンドされていますので、
是非手に取って試してみていただきたい隠れた逸品です♪

>Japan Qualityを愛する全ての人へ

Japan Qualityを愛する全ての人へ

私達のフレグランスソープは、
素材を充分に生かしたハーブの香りを持っています。
この衝撃は他のプロダクトでは味わえないほど。
まるで沢山の花を浴びるような 素晴らしいリラックス感は、
あなたのバスタイムを一層豊かにすることでしょう。

CTR IMG